イマドキの韓国映画を一緒に楽しみましょう!
by なあご
【なあご的おすすめ度】
★:駄作。観る必要なし
★★:フツーにおすすめ
★★★:かなりおすすめ
★★★★:絶対見逃すな!
★★★★★:別格です
以前の記事
<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
韓国映画リビュー その221 「美人図」
b0038222_15513244.jpgリビューの221本目は「美人図」です。日本に買われたとの報道があったので、いつか日本の映画館で日本語字幕付で観られるかもしれません。

美人図
2008年作品
監督:チョン・ユンス
出演:キム・ミンソン、キム・ヨンホ

【感想】代々宮廷絵師を輩出してきた家に生まれたユンジョン(キムミンソン)は、兄ユンボクが夭逝したため、家門の繁栄のためにユンボク、つまり男としてとして宮廷絵師養成所に入る。師匠のキムホンド(キムヨンホ)はユンボクの才能を高く買っており、経験を積ませるために市井に彼女を連れ出す。鍛冶仕事、結婚式、水浴びをする女たち、男女の秘め事など、市井の人々の自由で闊達な姿に感銘を受けたユンボクは、それを精巧な筆で生き生きと描き出す。案内役のカンム(キムナムギル)ははからずも川に落ちてずぶぬれになったユンボクの姿を見て、彼女が女だと気づく。市井の様々な場所を訪ね歩くうちに2人はいつしか恋に落ちる。その頃、宮廷画壇ではユンボクの風俗画が不道徳であるとの批判が高まっていた。

【感想】韓国ではヒットした作品なんですけど、なーんか心に響いてきません。
ヒロインに共感できなんです。彼女の苦悩が伝わってこないし、彼女がなぜ性の描写にそこまでこだわったのかもいまいち理解できませんでした。キムミンソンン、体を張って男装の麗人を演じているんですけどね。キムホンドの苦悩のほうが共感できるかも。キムヨンホが安定した演技で彼を演じていて、さすがと思いました。キムナムギルもかっこいい。ただねぇ、後半の展開がコテコテなのはちょっといただけないなぁ。「ベサメムーチョ」「波浪注意報(僕の、世界の中心は、君だ)」のチョンユンス監督らしいっちゃらしいんだけど。ただ、風景が美しいし美術も凝っていて、お金をかけてちゃんと作っている感じがするので、決して観て損というわけではないです。この作品、日本で公開になるかもしれませんが、夜の薄暗いシーンが多いので、DVDで観るよりは映画館で観ることをお勧めします。

【なあご的おすすめ度】 ★★☆
[PR]
by nakaenoguchi | 2009-05-28 15:52 | 221.美人図
韓国映画リビュー その220 「純情漫画」
b0038222_25623100.jpgリビューの220本目は、「アパート」や「バカ」でお馴染み、カンプルのインターネット漫画が原作の「純情漫画」です。カンプル原作の映画は当たらないっていうけど、この作品も興行的にコケちゃいました。

純情漫画
2008年作品
監督:リュ・ジャンハ
出演:ユ・ジテ、イ・ヨニ

【ストーリー】区役所で働くヨンウ(ユジテ)は真面目で優しい青年。早くに両親を失くし、30歳の今まで1人で暮らしてきた。新しく引っ越してきたアパートでヨンウは女子高生スヨン(イヨニ)と知り合う。 “スヨンさん”、“アジョシ(おじさん)”と呼び合う2人はやがて12歳の年齢差を越えて少しづつ親しくなってゆく。スヨンはヨンウに真っ直ぐに思いをぶつけてくるが、ヨンウはそれを受け止められない。一回りも年下で未成年の彼女と付き合うことに後ろめたさを感じていたのだった。
一方、公益勤務でヨンウと同じ職場で働くスク(カンイン)は地下鉄の駅で美しくそしてどこか謎めいた女性ハギョン(チェジョンアン)に一目ぼれする。猛烈に彼女にアタックするスクだったが、ハギョンはなかなか心を開かない。彼女の注意を引こうとおどけてみせるスクに、ハギョンは忘れられない元カレの話を始める。

【感想】年齢差のある2組の男女の物語です。メインはユジテとイヨニのカップル。ユジテは生真面目で悪いことができない30男を繊細に演じています。ださいユジテもまたオツです。イヨニは女子高生を等身大で演じています。2人の間には年齢差という障害があるものの、韓流ドラマのようなドラマチックな展開はなく、ストーリーは淡々と進みます。このへんは「花咲く春が来れば」のリュジャンハ監督らしいけど、その分スピード感ももどかしさもイマイチ。もっとヨンウのクソ真面目さを笑いにしても良かったかもしれません。2組のカップルのコントラストが鮮明ではないのも惜しい気がします。漫画の世界観を実写映像で表現するのは難しいのかしら。映像的には大部分をハンドカメラで撮影し、その微妙な揺れで登場人物の心の揺れを表現してるんですけどね。まあ、これでもか!と心を揺さぶりにかかる激しい作品を観た後に、ホッとひといきつくのに観るにはいいかもしれません。

【なあご的おすすめ度】 ★★☆
[PR]
by nakaenoguchi | 2009-05-27 02:57 | 220.純情漫画
キム・ジュワン
b0038222_1646633.jpg韓国俳優ファイルとして、今までにお気に入りの映画俳優を取上げてきましたが、今回は舞台俳優を紹介します。このブログでも何度か名前が出ている、劇団コルモッキルのキムジュワンです。

キムジュワンは映画には出演していませんが、今、大学路(=演劇界)で注目されている若手俳優の1人です。といっても32歳で舞台キャリアは8年、今やコルモッキルの看板役者といっても過言ではありません。出演舞台は今年上半期だけでも5公演!しかも全て主役です。私はそのうち「あまり驚くな」「青春礼讃」「こんな歌」の3つを鑑賞したのですが、どれも印象的でした。コメディからシリアスモノまで幅広くこなし、しかも役をしっかり消化しているんです。聞くところによると、劇団を主宰し脚本と演出をこなすパクグニョンは、脚本を仕上げるのが遅いとか。その割には新作を初日に観ても、しっかりと役を作っていてセリフもほとんとカンでいません。すごいと思います。ほとんど毎月のように舞台に立っているのもすごい。

トップ写真ではかわいく写ってますが、実物はもうちょっと個性的な顔立ちです。そして小柄で細身。演技はオーバーアクション気味で、とにかくよく動きます。観客にどっどっと迫ってくる激しさがあるんだけど、軽さもあって、あまり威圧感を感じません。むさ苦しいけどどこかかわいい。なんとも独特なカラーを持っています。クセのある役が似合う彼は、エキセントリックな人物や破滅型の男、不条理に振り回される小市民なんかを演じるとピカイチです。若い頃の市村正親にもうちょっと愛嬌と軽さを足した感じでしょうか。
b0038222_16491510.jpg
        (写真は「あまり驚くな」。慢性便秘に悩む引きこもり男を演じました)

全州で高校に通っている時に「道去る家族」という芝居を観て役者になることを決心した彼でしたが、家族の反対にあい、家出同然で友人に入学金を借りてソンイル大学演劇映画学科(パクヨンハと同じ!)に進学しました。2002年「カラグラ1237号」で舞台デビュー。2007年から劇団コルモッキルで活動しています。

これからも色々な役にどんどん挑戦して演技を磨いてほしいです。そしてそのうちに映画にも出てほしいなぁと密かに期待している役者さんなのでした。
訪韓される予定のある方は、コルモッキルの舞台を観る機会を作って、ぜひ彼をチェックしてみてね。

b0038222_16514558.jpg
キム・ジュワン
劇団コルモッキル所属
出演舞台:「ハムレット」「ぺドラの愛」「あまり驚くな」
       「青春礼讃」 「レジスタンス」「こんな歌」
       「マラー、サド」他
プロフィール:全州出身
        ソンイル大学演劇映画学科
        32歳
[PR]
by nakaenoguchi | 2009-05-23 16:52 | 韓国俳優ファイル
全州国際映画祭のレポート?
GWに行ってきた全州国際映画祭のレポートを書こうと思ったのですが、資料を持ってきてなく、ネットスピードが遅くて映画祭HPから情報を取って来るのも困難です。
もし、期待してたら申し訳ありません。

特にジュヒョクファンのみなさん(ほとんど彼の記事をUPしていない今もキムジュヒョクは検索ワードのNo.1)、「妻が結婚した」の感想やシネトークの内容をUP出来なくてごめんなさい。
写真だけとりあえずUPしますね。あまりいいショットじゃないんですけど。
ジュヒョクは紺のジャケットに白いシャツでした。彼にしてはかなり平凡(笑)。
b0038222_2443736.jpg
私はシネトークに15分ほどしか参加できなくて、しかも前半はチョンユンス監督がしゃべりまくっていて、ジュヒョクは挨拶くらいしか聞けませんでした。
質問をしたのですが、それも監督に対して。(←ジュヒョクにしろよな、ファンだろう!)
「イナ(ソンイェジン)が2度も結婚するのに、結婚式のシーンはおろか写真さえ映っていないのはなぜですか?」という質問で、監督の答えは「時間がなかったのが一番の理由だが、テーマが重いので、内容を軽くしたくて結婚式のシーンは入れなかった」、ということでした。

で、肝心の作品の感想ですが、思ったより無難でした。「イエスタディ」のチョンユンス監督だから覚悟をしてたんですけどね。ヒロインのイナは、重婚するという普通考えたら高慢に思える女性なんですが、ソンイェジンは、それも許せるかなと思わせるほどチャーミングにイナを演じていました。大胆な濡れ場を披露したとのウワサでしたが、肝心なところは見せてません。「美人図」のキムミンソンや「サンファジョン」のソンジヒョに比べるとかなり露出は限られます。ジュヒョクは「クァンシク」みたいな優柔不断な情けない男かと思っていたらそうでもなかったので安心(?)しました。
[PR]
by nakaenoguchi | 2009-05-14 02:54 | 韓国映画の話題
韓国映画リビュー その219 「その男の本198ページ」
b0038222_0573730.jpg韓国映画リビューその219は「リメンバーミー」のキムジョングォン監督の「その男の本198ページ」です。

その男の本198ページ
2008年作品
監督:キム・ジョングォン
出演:ユジン、イ・ドンウク

【ストーリー】市民図書館で働くウンス(ユジン)はある日、本のページを次々に破る若い男を見つけて捕まえる。その男ジュノ(イドンウク)が図書館でひきつけを起こした利用者を助けたことから親しくなったウンスは、彼が愛する女性ミンギョンが書いた「私の気持ちはその本の198ページにあります」というメモを頼りに“その本”を探していることを知り、それ協力することにする。ミンギョンは読書家で借りた本が多く、その本探しは難航する。ウンスはジュノに、登録されているチュンチョンの住所に彼女を訪ねてはどうかと提案する。

【感想】映像も音楽もストーリーもやさしく穏やかな作品です。特に風景が美しい。英語タイトル“ハートブレイク・ライブラリー(失恋図書館)”が示す通り、図書館を舞台に失恋した男女が徐々に心を通わせていく物語。でもロマンスというよりは、その前段階の失恋の克服プロセスを描いているので、主人公2人のラブストーリーを期待すると肩透かしをくらうかも。しかも淡々としたストーリー運びやオーソドックスな映像は、スピード感があるハラハラドキドキのラブストーリーやコテコテのメロが好きな方には物足りないかもしれません。だって主人公たちはキスさえしないんだもの。でもたまにはいいですよ、こんな作品。主演のユジンとイドンウクは演技はそれほど上手いとは思いませんが、フレッシュ感があります。キジュボンやコスヒ、イジェヨン、チョドッキョンなど味のある役者がワキを固めているのもいいです。低予算で撮ったということがわかる作品で、好みによって評価は分かれると思いますが、私はそこそこの出来だと思います。

【なあご的おすすめ度】 ★★☆
[PR]
by nakaenoguchi | 2009-05-13 00:58 | 219.その男の本198ページ


カテゴリ
全体
はじめまして
韓国映画の話題
韓国ドラマ
韓国俳優ファイル
韓国演劇
韓国映画に関係ない話題&伝言板
1.人魚姫
2.菊花の香り
3.氷雨
4.星
5.オー!マイDJ
6.サプライズ
7.火星からの手紙
8.幼い新婦
9....ing
10.オーバーザレインボー
11.接続
12.誰にでも秘密はある
13.知り合いの女
14.インディアンサマー
15.ドクターポン
16.日が西から昇るなら
17.ガン&トークス
18.ハッピーエンド
19.TUBE
20.フーアーユー
21.約束
22.彼女を信じないで下さい
23.僕の彼女を紹介します
24.家門の栄光
25.英語完全征服
26.シングルス
27.手紙
28.カル
29.あいつはカッコよかった
30.ホン班長
31.風の伝説
32.大韓民国憲法第一条
33.20のアイデンティティ
34.風のファイター
35.Sダイアリー
36.オオカミの誘惑
37.花咲く春が来れば
38.大統領の理髪師
39.オールドボーイ
40.犯罪の再構成
41.いい人がいたら紹介
42.ピアノを弾く大統領
43.情事
44.バス、停留所
45.爆裂野球団
46.ワイルドカード
47.頭師父一体
48.ワニとジュナ
49.チュノミョンベーカリー
50.千年湖
51.懺悔
52.鳥肌
53.頑張れグムスン
54.箪笥
55.春夏秋冬そして春
56.男の香り
57.達磨よ、遊ぼう
58.リザレクション
59.霊
60.花嫁はギャングスター2
61.チャグィモ
62.アイアン・パーム
63.バンジージャンプをする
64.同い年の家庭教師
65.マルジュク通り残酷史
66.春香伝
67.口笛姫
68.ゴースト・タクシー
69.風林高
70.悪い男
71.欲望
72.ひとまず走れ
73.阿羅漢
74.鏡の中へ
75.魚座
76.サマリア
77.神父修行
78.シシルリ2Km
79.空き家
80.ドンテルパパ
81.私の彼のロマンス
82.回し蹴り
83.フェイス
84.R-ポイント
85.カム・サヨン
86.幽霊が住む
87.八月のクリスマス
88.イルマーレ
89.猟奇的な彼女
90.ラブストーリー
91.ホワイトバレンタイン
92.君の中のブルー
93.灼熱の屋上
未分類
94.ディープブルーナイト
95.下流人生
96.ナンバースリー
97.あの島に行きたい
98.女子高生、嫁に行く
99.あきれた男たち
100.Some
101.ドクターK
102.B型の彼氏
103.銀粧刀
104.光復節特赦
105.魔法の性
106.彼女を知らなければスパイ
107.サマータイム
108.スカーレットレター
109.ふざけるな
110.マラソン
111.黄山ヶ原
112.足長おじさん
113.達磨よ、ソウルへ行こう
114.男物語
115.マイブラザー
116.公共の敵2
117.潜伏勤務
118.美術館の隣の動物園
119.ダイバッド
120.ムーダン
121.地球を守れ!
122.シンソッキブルース
123.オー!ブラザース
124.その時、その人々
125.家族
126.蝶
127.江原道の力
128.ベサメムーチョ
129.恋愛の目的
130.若い男
131.葱をサクサク、卵をパカッ
132.夢精期
133.緑の椅子
134.4月の雪
135.ダンサーの純情
136.孤独がもがく時
137.受取人不明
138.公共の敵
139.送還日記
140.連理の枝
141.殺人の追憶
142.甘い人生
143.王の男
144.アガタ
145.南極日誌
146.シルミド
147.生産的活動・私の30回目の
148.Coma
149.ロマンス
150.デイジー
151.野獣と美女
152.インフルエンザ
153.夢中人
154.ショーショーショー
155.春の日のクマは好きですか?
156.私の結婚遠征記
157.How Does the Bli
158. The Eyes
159.美しき野獣
160.アンニョン、兄ちゃん
161.拍手する時に去れ
162.女、チョンヘ
163.Mr.主婦クイズ王
164.愛を逃す
165.怪物
166.波浪注意報
167.トンマッコルへようこそ
168.天軍
169.支離滅裂
170.コチョルのために
171. 愛してる、マルスンさん
172.多細胞少女
173.離れの客とお母さん
174.天下壮士マドンナ
175.私たちの幸せな時間
176.相棒
177.インシャラ
178.とかげ
179.Mr.ソクラテス
180.百万長者の初恋
181.ラブトーク
182.マパド
183.親知らず
184.恋愛、その耐え難き軽さ
185.情け容赦なし
186.師の恩
187. 恋愛術士
188.堤防伝説
189.海賊、ディスコ王になる
190.ホロビッツのために
191.シュロの木の森
192.美女はつらいの
193.オールドミスダイアリー
194.愛する時に話すこと
195.息子
196.ラジオスター
197.羽
198.韓半島
199.ハーブ
200.京義線
201.私の生涯で最も美しい1週間
202.Mr.ロビンの口説き方
203.肝っ玉家族
204.古い庭園
205.いかさま師
206.組暴の妻3
207.宿命
208.ワンスアポンアタイム
209.ララ・サンシャイン
210.角砂糖
211.今、愛している人と暮ら
212.走れ自転車
213.正しく生きよう
214.セブンデイズ
215.悲夢
216.ラジオデイズ
217.アンティーク
218.追撃者
219.その男の本198ページ
220.純情漫画
221.美人図
222.カンチョルジュン
223.たちまわLee
224.影の殺人
225.失踪
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧